セラミックベアリングのメンテナンスに関する究極のガイド

セラミックベアリングのメンテナンスに関する究極のガイド

近年、メタル軸受を改良したセラミック軸受は、各種機械の部品として大変人気があり、さまざまな分野で幅広く使用されています。 極めて特殊な環境下でもセラミックベアリングは優れた性能を発揮します。 セラミックベアリング 高速ベアリングです。 セラミックベアリングの使用中は、作業効率を向上させ、セラミックベアリングの寿命を延ばすために、その性能特性に応じて定期的に使用し、定期的にメンテナンスする必要があります。 このガイドでは、セラミック ベアリングのメンテナンスに関するいくつかの考慮事項を包括的に説明します。

セラミックベアリングの特徴と性能

セラミックベアリングのメリット

現在、セラミックベアリングは標準化され、一般用途に広く使用されています。 次のような利点があります。

(1)。 摩擦係数が小さい。 The friction coefficient of ceramic bearings is relatively small, so the transmission efficiency is also higher. The friction coefficient of traditional bearings is between 0. 08-0. 12, while the friction coefficient of ceramic bearings is only 0. 001-0. 005. Therefore, during its use, it has higher performance and is convenient to maintain.

(2) 製造コストが合理的な範囲内であること。 非鉄金属と比較して、セラミックベアリングの製造コストは比較的高いですが、熱処理後の機械的特性が高く、耐用年数が長くなります。

(3) 高精度です。 セラミックベアリングは内部構造や部品間の隙間が非常に小さく、部品の加工精度も比較的高いです。 特に一部の精密機械においては、動作精度の点でも優れた効果を発揮します。 より高い伝達効率を達成できるだけでなく、潤滑油の消費量も削減できます。また、設置やメンテナンスも比較的簡単で便利です。

セラミックベアリングのメリット

(4) 高荷重に耐えます。 実際の用途では、セラミックベアリングにラジアル荷重を予圧してベアリングの剛性を大幅に向上させることができ、さまざまな条件下で同時にラジアル荷重とアキシアル伝達荷重の複合効果に耐えることもできます。

(5) 防錆、耐食性に優れています。 さまざまな種類のサーメットは、特定の pH 環境にさらされるとさまざまな程度に腐食しますが、セラミック ベアリングは腐食性媒体が充満した過酷な環境でも正常に動作します。

セラミックベアリングのデメリット

セラミックベアリングは従来の金属ベアリングに比べて多くの利点がありますが、完璧なベアリングではありません。

(1) 同じ体積では、セラミック軸受の合成軸受容量は滑り軸受に比べて小さくなります。 使用要件を満たすためには、セラミックベアリングのラジアルサイズを大きくする必要があります。

(2) セラミックベアリングは使用時の振動や騒音が大きくなるため、高精度、高振動が要求される用途では使用が困難です。

(3) セラミックベアリングは異物に対しても非常に敏感です。 作業中に異物が侵入すると、大きな振動や騒音が発生し続け、作業効率に影響を与えるだけでなく、早期破損を引き起こしやすくなります。

セラミックベアリングのデメリット

セラミックベアリングの性能

従来、軸受には合金軸受鋼が一般的でしたが、用途の拡大に伴い、その欠点も徐々に明らかになってきました。 セラミックベアリングは非金属材料で作られています。 窒化ケイ素(SiN) が主材料として使われるのが一般的です。 関連データによると、驚くべき高温耐性があり、XNUMX ℃の高温でも良好な強度を維持できます。 1400°C。 、多くの金属では達成できない、その安定性はより強く、総合的なパフォーマンスも強力です。

Bearings are composed of three parts: inner ring, outer ring and rolling elements. Today’s ceramic bearings can be divided into full ceramic bearings and hybrid ceramic bearings according to different materials. As the name suggests, all-ceramic bearings have rolling elements and inner and outer rings made of ceramic materials. All-ceramic bearings are resistant to corrosion, high temperature and wear, so they can be used in harsh environments. It can still show unique advantages and is widely used in aerospace vehicles and medical and health care. Hybrid ceramic bearings are generally used in highly precise machine tool spindles because they have a certain degree of lubricity that can effectively prevent sticking and burning due to oil film destruction, so they can still maintain good stress even under high-speed operation.

セラミックベアリング使用上の注意点

セラミックベアリングの取り付け

セラミックベアリング自体は比較的高価であるため、後の使用やメンテナンスに影響を与える不適切な取り付けを避けるために、慎重かつ忍耐強く取り付ける必要があります。また、取り付けによって製品が損傷すると、利益は損失を上回ります。

セラミックベアリングを取り付ける前に、目で見て適当に判断するのではなく、設置場所のニーズに応じて仕様を選択する必要があります。 適切な仕様を選択すると、設置が容易になり、使用の安定性が高くなります。 一度仕様を決めてしまうと、導入に手間がかかるだけでなく、期待する効果を得るのが難しくなります。 セラミックベアリングの取り付け時には、ベアリング端面の全周に均一な圧力を加えて取り付け方向と取り付け位置を決定する必要があります。

セラミックベアリングの取り付け

覚えておいて、 取り付けプロセス中に軸、ハンマー、その他の重い物体を使用してベアリングを叩くことは固く禁じられています。ノックプロセスによりベアリング端面が損傷する可能性があり、取り付けプロセス中に圧力が不適切に使用されると、損傷が発生する可能性があります。特定のへこみや傷。 このように、その後の高速運転では、それに応じて軸受の摩耗量も増加していきます。

セラミックベアリングの協力

適合するセラミックベアリングの選択は、荷重の方向と荷重の特性に基づいて行う必要があります。 一般的に、各フェルールの負荷容量は異なり、通常は回転負荷、静負荷、不定負荷に分けられます。 回転複合材料と不定複合材料の場合、フェルールは静的嵌合を採用する必要があります。 静的荷重の場合は、オーバーフィットと動的フィットを組み合わせて使用​​できます。

セラミックベアリングの取り付け

セラミックベアリングの分解

どのような種類の機械装置部品であっても、正しい使用とメンテナンスによって寿命を延ばすことができます。 セラミックベアリングも同様です。 一定期間使用した後、分解してさらなるメンテナンスを行うことを希望するユーザーは多いですが、分解の際にも注意が必要です。 鋭利な器具を使用して直接叩いたり分解したりしないでください。分解時には均等な圧力を加えてください。 力と技術を使って分解してください。

セラミックベアリングは、内スリーブにテーパーが付いているものとテーパーがないものの XNUMX 種類に大別されます。 これら XNUMX つのセラミック ベアリングの分解方法は別々に扱う必要があります。 合理的な分解のみがベアリングや機器自体に損傷を与えないことに注意してください。 一度強制的に分解すると、その後の交換品の効果が不安定になる可能性があり、使用コストが高くなります。

セラミックベアリングの分解

セラミックベアリングのメンテナンス

セラミックベアリングの検出

セラミックベアリングは使用時の規則性が強く、再現性も非常に優れています。 したがって、注意深く観察していれば、問題を適時に検出し、適切なメンテナンスを行うことができます。 検出内容・内容は主に軸受の振動や騒音、軸受の動作温度、潤滑油の状態などです。使用中の観察や定期点検に注意を払うことで初めて問題を未然に防ぐことができます。つぼみ。

セラミックベアリングの検出

セラミックベアリングの洗浄

セラミックベアリングの洗浄には主に、使用中に生成される粉末と重金属の混合物の洗浄が含まれます。これらの混合物はベアリングの転動体や内輪に付着し、ベアリングの通常の動作に影響を与えるためです。 使用中、洗浄が十分に行われていないと部品の作動面に傷がつきやすく、これらの付着物もセラミックベアリングの作動時の騒音や振動の原因の一つとなります。

セラミックベアリングを洗浄する前に、グリースを十分にテストする必要があります。 重要な要件は、保持されるグリースの量をどのように制御するかです。 これに基づいて、燃料を補給するかどうか、補給の効果と投与量を正確に決定できます。 次に、オイルの物理的変化にも注意を払う必要があります。 これに基づいて各種オイルの交換周期を正確に判断し、オイルの補給方法やシステムを適切に調整します。 オイルの乾燥、硬化、固着、変色が確認された場合は、さまざまなグリースを交換する必要があります。

セラミックベアリングの洗浄

さらに、セラミックベアリングの定期的なテストも非常に必要です。テストプロセスにより、グリースの汚染の程度を判断し、現在の潤滑グリースが現在の作業条件に適しているかどうかを判断できるため、グリースの種類に応じてグリースの種類を交換できます。実際の状況。 あるいはセラミックベアリングのメンテナンス。

一般的に、セラミックベアリングの洗浄剤にはガソリンまたは金属洗浄剤が使用されます。 洗浄工程も粗洗浄と精密洗浄のXNUMX種類に分かれます。 洗浄プロセス中、シャフトのセラミックベアリングを対応する容器に置き、容器内の汚れとの接触を避けるために金属メッシュパッドで覆う必要があることに注意してください。 洗浄プロセス中に汚れが回転すると、セラミックベアリングが損傷するためです。 洗浄プロセス中に、ブラシを使用してグリースや対応する接着剤を取り除くことができます。 大まかに掃除が終わったら、細かい掃除に移ります。 洗浄プロセス中は、外力の介入によるセラミックベアリングの損傷を防ぐため、慎重に取り扱い、乱暴に回転させないでください。 最後になりますが、セラミック洗浄後の脱水と防錆処理にも注意が必要です。

セラミックベアリングの潤滑

セラミックベアリング自体にある程度の潤滑性があるため、実際の使用時に別途潤滑油を使用する必要はありません。 ただし、セラミックベアリングと金属転動体の微細溶接部、特に軌道面との間に摩擦が発生する場合、機能するには潤滑措置を講じる必要があります。 セラミックベアリングを実際に長期間使用すると、必然的に柔軟性が低下します。 摩耗とスクラップ率を減らすために潤滑油を追加することも必要です。 セラミックベアリングを長期間使用すると、一定量の微粉が発生しますが、適切な潤滑油が粉の一部を取り除き、静止摩擦を防ぐ保護油膜を形成することができるためです。

一般にセラミックベアリングの潤滑はグリース潤滑とオイル潤滑のXNUMX種類に分けられます。 したがって、選択の際には、より優れた性能を促進するために、適用条件や使用目的に応じて選択する必要があります。

セラミックベアリングの潤滑

セラミックベアリングの過負荷運転を避ける

機械には寿命があり、セラミックベアリングにも寿命があります。 実際の使用時に過負荷や不適切なメンテナンスが発生した場合、セラミックベアリングに影響を与える可能性があります。 関連する調査によると、セラミックベアリングの早期過負荷動作故障の原因の 34% は疲労によって引き起こされています。 セラミックベアリングは、過負荷がかかると自然に早期警告を発します。 したがって、セラミックスの使用中は、過負荷動作を避け、セラミックスの寿命に影響を与えるために、使用負荷と組み合わせて時間を適切に調整する必要があります。

さらに、セラミックベアリングを使用すると、亀裂や錆が発生することもよくあります。 このような状況は目立たないように見えますが、セラミックベアリングの寿命を縮める原因にもなります。 したがって、最善のメンテナンス方法はそれらを防ぐことです。 今後は正しく設置・使用するだけでなく、メンテナンスにも留意する必要があります。

過負荷セラミックベアリング

Both metal bearings and ceramic bearings have their irreplaceable advantages and are relatively successful in their respective development fields. However, the advantages of ceramic bearings are now prominent. They have been used in many cutting-edge fields, and their application atmosphere and mechanical support are also extensive. However, in order to realize other advantages of ceramic bearings and extend their service life, it is necessary to carry out regular inspections, cleaning and lubrication according to their performance characteristics, and to realize their use value through correct use and maintenance.