絶縁モーターベアリングの究極ガイド

絶縁モーターベアリングの究極ガイド

産業オートメーションと電気機器の普及に伴い、モーターはさまざまな産業用途で使用されることが増えています。しかし、モータの動作中、電流の影響によりベアリングが損傷することがよくあります。この損傷は、機器の通常の動作に影響を与えるだけでなく、メンテナンスコストも増加させます。したがって、絶縁モータ軸受は効果的な解決策として広く注目されています。この記事では、モーター絶縁ベアリングの定義、動作原理、長所と短所、グレード、絶縁検査、選択基準など、モーター絶縁ベアリングの関連知識を詳しく掘り下げ、技術的な提供を目的としたモーター絶縁ベアリングの専門メーカーであるオーベリングを紹介します。担当者とエンジニアが包括的な参考情報を提供します。

絶縁モーターベアリングとは何ですか?

絶縁モータ軸受とは、電気絶縁性を有し、電流の流れを遮断できる軸受を指します。絶縁モーターベアリングは、ベアリング自体に電気が流れるのを防ぐ特殊なベアリングです。その絶縁性能は、通常、ベアリングの内輪または外輪を絶縁材料の層でコーティングするか、セラミック転動体を使用することによって実現されます。これらの材料には、酸化アルミニウム コーティングや 窒化ケイ素セラミックス、絶縁性に優れたプラスチック、ゴムなど。これらの材料は、優れた断熱特性と耐摩耗性を備えています。一般的なタイプの絶縁ベアリングには、外輪絶縁ベアリング (コード VL0241) および内輪絶縁ベアリング (コード VL2071)。

絶縁モーターベアリング

絶縁軸受の表面には、基板との結合力が強く、絶縁性能に優れた高品質皮膜がコーティングされています。改良を重ねた結果、このプロセスは、軸受の外輪または内輪表面に、均一な厚さと強力な付着力を備えたコーティング層を最大 100 μm の厚さで形成することができます。絶縁ベアリングは最大 1000 V DC の電圧に耐えます。 。

絶縁モータ軸受のメリット

設備の信頼性向上

絶縁モーターベアリング 電流を効果的に分離し、ベアリングへの電流の影響を回避できるため、機器の安全な動作が保護され、機器の信頼性が向上します。

機器の寿命を延ばす

モーター絶縁軸受は特殊な材料と製造プロセスで作られており、優れた耐高温性と耐腐食性を備えています。過酷な環境でも正常に動作できるため、機器の耐用年数が長くなります。

メンテナンスコストを削減

絶縁モーターベアリングを使用すると、機器の故障や修理が減り、メンテナンスコストが削減されます。また、絶縁軸受によりグリースの劣化を軽減し、潤滑サイクルを延長することもできます。

経済

絶縁モータ軸受は初期コストが高くなりますが、機器の信頼性の向上、耐用年数の延長、メンテナンスコストの削減という利点があり、全体としては経済的です。

モータ絶縁軸受のグレード

iの絶縁グレード絶縁モーターベアリング 主に次の 3 つのカテゴリが含まれます。

一般絶縁

絶縁抵抗は50MΩ以上で、一般的な機器や環境に適しています。このグレードの絶縁軸受は主に低圧モーターや一般産業機器に使用され、一般的な絶縁要件を満たすことができます。

高抵抗絶縁体

500MΩを超える絶縁抵抗により、湿度、高温、高電圧などの高い要件が要求される機器や環境に適しています。このグレードの絶縁ベアリングは、通常、過酷な環境の高電圧モーターや機器に使用され、より高い絶縁特性を備えています。

超高抵抗絶縁体

絶縁抵抗1000MΩ以上で化学工業、原子力等の特殊環境に適しています。このグレードの絶縁ベアリングは最高の絶縁性能を備えており、極端な環境でも信頼性の高い電気絶縁を提供できます。

20141219124622643
20141219103007248
20141224104430361
20141219115544479
20141224105545539

さまざまな絶縁部品と材料に応じて、絶縁モーターベアリングは次のカテゴリに分類できます。

絶縁外輪軸受: ベアリングの外輪表面は絶縁材でコーティングされており、ほとんどのモーター用途に適しています。

内輪絶縁軸受: ベアリングの内輪表面は絶縁材でコーティングされており、特定のモーター設計に適しています。
ハイブリッド絶縁軸受:セラミック転動体と絶縁被膜を組み合わせた設計により、より高い絶縁性能と耐摩耗性を実現します。

フルセラミック絶縁ベアリング:オールセラミック製の軸受は絶縁性能と耐摩耗性が非常に高く、過酷な環境にも適しています。

絶縁モータ軸受の絶縁性能試験

断熱材の断熱性能 モーターベアリング は、モーターの信頼性の高い動作を確保する上で重要な要素です。絶縁検査は、絶縁ベアリングの品質と性能を評価するための重要なステップであり、電気腐食を効果的に防止し、モーターの耐用年数を延長できます。次に、モータ絶縁軸受の絶縁検査方法、手順、重要性について詳しく紹介し、実際のデータを用いて分析・解説します。

絶縁抵抗測定

絶縁抵抗測定は絶縁軸受の絶縁性能を評価する基本的な方法です。通常、これは絶縁抵抗計(メガオーム計)を使用して測定されます。測定手順は次のとおりです。

1。 準備: ベアリングをモーターから取り外し、ベアリング表面を清掃して、汚染物質が測定結果に影響を与えないようにします。

2. 機器を接続します:絶縁抵抗計のE端を回転軸に接続し、L端を軸受の絶縁部(外輪など)に接続します。外輪をアルミ箔で包み、裸銅線で固定し、L端子に接続します。

3. 絶縁抵抗を測定する:絶縁抵抗計を起動し、測定値を記録します。一般的なアプリケーションの場合、絶縁抵抗は 50MΩ より大きくなければなりません。需要が高い状況では、絶縁抵抗は 500MΩ より大きくなければなりません。特殊な環境では、絶縁抵抗は 1000MΩ 以上である必要があります。

実際のデータによると、一部の高電圧モーターの絶縁ベアリングの絶縁抵抗は 1000 MΩ を超える場合があり、これは通常のモーターの絶縁要件よりも大幅に高くなります。

軸電圧測定

シャフト電圧測定の目的は、シャフト電流の大きさを理解することです。 モーター が走っています。シャフト電圧はモーターのローターとステーターの間の磁気の非対称性によって発生し、その大きさはシャフト電流に直接影響します。測定手順は次のとおりです。

1.準備: モーターが正常に動作していることを確認し、電圧測定器を接続してください。

2. 測定器を接続します。 電圧計の一端をモーターシャフトの非駆動端に接続し、もう一端をアースに接続します。

3. 軸電圧を測定する: モーターを始動し、シャフト電圧値を記録します。通常、過剰なシャフト電流を防ぐために、シャフト電圧は低い範囲(数十ミリボルトなど)に維持する必要があります。

実際の測定データによると、一部の高出力可変周波数モーターのシャフト電圧は 50mV ~ 200mV の間です。これらの電圧レベルによりベアリング内に大きな電流が発生するため、これらの電流を遮断するには絶縁ベアリングが必要です。

軸電流測定

軸電流はベアリングに流れる電流であり、ベアリングの絶縁性能や寿命に直接影響します。測定手順は次のとおりです。

1.準備: モーターが正常に動作していることを確認し、電流測定器を接続してください。

2. 断熱装置を取り付けます。 モーターの非駆動側ベアリングとケーシングの間に絶縁リングを取り付け、モーターベアリングの絶縁を確保します。

3. 測定器を接続する:軸受絶縁層の両側に接する金属片に電流計を直列に接続します。

4. 軸電流を測定する: モーターを始動し、シャフト電流値を記録します。通常の状況では、ベアリングに電流が流れるのを防ぐために、シャフト電流はできる限りゼロに近づける必要があります。

実際のデータによると、一部の高電圧モーターの測定された軸電流は 0.1A から 0.5A の間です。これらの電流値は小さいように見えるかもしれませんが、長期間の使用によりベアリングに重大な電食が発生する可能性があるため、ベアリングを絶縁することでこれを保護する必要があります。

実験データのサポート

絶縁検査の重要性と効果をさらに説明するために、オーベアリング氏は分析のためにいくつかの実際のデータを引用しました。 200台の高電圧モーターのテストでは、1,000時間の運転後の絶縁ベアリング付きモーターの平均絶縁抵抗は800MΩであるのに対し、絶縁ベアリングなしのモーターの平均絶縁抵抗は200MΩであることがわかりました。さらに、シャフト電流の測定データは、絶縁ベアリングがシャフト電流を 0.3A から 0.05A に低減し、ベアリングの絶縁性能を効果的に保護できることを示しています。これらのデータは、定期的な絶縁検査と絶縁ベアリングの使用などの対応する保護手段により、モーターの動作信頼性が大幅に向上し、耐用年数が延長され、メンテナンスコストが削減できることを示しています。

適切な絶縁モーターベアリングの選択

環境条件を考慮する

モータの絶縁軸受を選択する際には、温度、湿度、化学的腐食など、装置が動作する環境条件を十分に考慮する必要があります。これらの条件は、絶縁軸受の性能と寿命に直接影響します。

負荷と速度を評価する

絶縁モータ軸受の選択も、機器の負荷と動作速度に基づいて決定する必要があります。負荷と速度が異なると、機器の動作要件を確実に満たすために、さまざまなタイプの絶縁ベアリングが必要になります。

断熱レベルを考慮する

デバイスの電気要件に基づいて、適切な絶縁レベルを選択します。一般的に、特殊な環境にある高電圧モーターや機器では、より優れた電気絶縁性能を提供するために、高抵抗または超高抵抗の絶縁ベアリングを選択する必要があります。

製造工程へのこだわり

絶縁モーターベアリングの製造プロセスは、モーターの性能に重要な影響を与えます。高度な熱処理製造プロセスと品質管理を備えた絶縁ベアリングのサプライヤーを選択すると、ベアリングの絶縁性能と耐用年数を確保できます。

費用便益分析

絶縁モータ軸受は初期コストが高くなりますが、機器の信頼性の向上、耐用年数の延長、メンテナンスコストの削減という利点があり、全体としては経済的です。絶縁ベアリングを選択するときは、費用対効果を考慮する必要があります。

まとめ

効果的な解決策として、絶縁モーターベアリングは電流がベアリングに流れるのを防ぎ、機器の安全な動作を保護する上で重要な役割を果たします。初期コストは高くなりますが、機器の信頼性の向上、耐用年数の延長、メンテナンスコストの削減という利点があるため、モーター用途で非常に普及しています。絶縁ベアリングを選択して使用する場合、最良の結果を得るには、モーターの種類、動作電圧、環境条件などの要素を総合的に考慮する必要があります。 Aubearing は、モーター用絶縁ベアリングの専門メーカーおよびサプライヤーとして、お客様のさまざまなニーズを満たす高品質の絶縁ベアリング製品を提供することに尽力しています。

1696748006801212
1696747981691047
1696747943779922
1696747397793102
1696747382680565
1696747339763433

よくある質問

絶縁ベアリングの寿命はどれくらいですか?
絶縁ベアリングの耐用年数は、使用環境やメンテナンス条件によって異なります。通常の状況下では、寿命は通常のベアリングより 50% 以上延長できます。

絶縁ベアリングには特別な取り付け方法が必要ですか?
絶縁ベアリングの取り付け方法は通常のベアリングと同様ですが、取り付け中に絶縁層が損傷しないように、絶縁層の完全性に特別な注意を払う必要があります。

絶縁ベアリングのメンテナンスには費用がかかりますか?
絶縁ベアリングのメンテナンスコストは通常​​のベアリングよりわずかに高くなりますが、全体のメンテナンスコストとモーターのダウンタイムを大幅に削減できるため、長期的には費用対効果の高い選択肢となります。

Aubearing はどのような種類の絶縁ベアリングを提供していますか?
オーベアリングは、深溝玉軸受、アンギュラ玉軸受、円筒ころ軸受など、さまざまなモータ機器のニーズを満たすさまざまな種類の絶縁軸受を提供しています。