汎用セレクタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツを検索
ポストタイプセレクター

単列フルコンプリメント円筒ころ軸受

総ころ型円筒ころ軸受には保持器がありません。つまり、最大数の転動体を収容できます。 このため、総ころ軸受は特に高いラジアル荷重を受けることができますが、限界速度は円筒ころ軸受よりも大幅に低くなります。
ベアリングリングに適切に配置されたショルダーのおかげで、ベアリングは一方向の軸方向の力も受けます。 軸方向のカウンターステーの場合は、最初のベアリングと鏡面反転した XNUMX 番目のベアリングを配置します。
単列総ころ円筒ころ軸受は、NJG23..VHシリーズを除き、取り外しできません。

寸法・規格

単列総ころ円筒ころ軸受の主要寸法は、ISO 15 (ラジアル軸受 - 境界寸法)、DIN 616 (ころ軸受 - 境界寸法)、または DIN 5412-1 (ころ軸受 - 円筒ころ軸受 - 単列) に従って標準化されています。 )。

作業温度

最大外径 120 mm の AUB 単列総ころ円筒ころ軸受は、標準で S0 によって寸法が安定しています。つまり、150 °C まで使用できる熱処理が施されています。 外径 120 mm を超える円筒ころ軸受は、標準で S1 によって寸法が安定しています。これは、200 °C の使用温度まで使用できるように熱処理されていることを意味します。 ただし、原則として、最高使用温度は内輪とローラーの寸法安定性によって制限されません。 多くの場合、潤滑剤によって制限されます。 関連する章で必要な情報を見つけてください。 当社のベアリングの温度制限に関して不明な点がある場合、または具体的な質問がある場合は、遠慮なく AUB チームにお問い合わせください。

公差

デフォルトとして、当社は、DIN 620-2 (ころ軸受の公差 - ラジアル軸受の公差) および ISO 492 (ラジアル軸受 - 寸法と公差) に準拠した標準公差 (PN) で、SLF で単列総ころ円筒ころ軸受を製造します。 他の公差のベアリングもお届けします。

グリスアップ・潤滑・シール

シールレス単列総ころ円筒ころ軸受を製造しております。 したがって、ベアリングの位置は、周囲のコンポーネントの周囲または上でシールする必要があります。 シールは、湿気や汚染物質がベアリングに侵入しないこと、また潤滑剤が失われないことを保証する必要があります。
円筒ころ軸受はグリースを塗布していない状態で出荷されますが、オイルまたはグリースを塗布する必要があります。 用途に応じて潤滑剤をお選びください。

機能と利点

  • 高い負荷容量保持器のないベアリングには最大数のころが組み込まれているため、非常に重いラジアル荷重に適しています。
  • 高剛性ローラーの数が増えると、半径方向の剛性が高まります。
  • 分離可能で交換可能AUB 単列総ころ円筒ころ軸受の分離可能なコンポーネントは交換可能です。 取付け・取外しや保守点検が容易になります。
  • 長い耐用年数

AUB 単列円筒ころ軸受のポートフォリオには、同じ境界寸法内でより高い耐荷重能力に達する高容量総ころ軸受 (ケージレス) も含まれています。 標準は通常のラジアル内部すきま(CN)で製作していますが、C2、C3、C4、C5のラジアルすきまも用意しています。