汎用セレクタ
完全一致のみ
タイトルで検索
コンテンツを検索
ポストタイプセレクター

複列フルコンプリメント円筒ころ軸受

複列総ころ円筒ころ軸受は、可能な限り多くの転動体を使用することで、最大のラジアル力を吸収できます。 ベアリングは非常に堅牢で、省スペース構造に特に適しています。 総ころ軸受の速度は、保持器付き円筒ころ軸受の速度に比べて大幅に遅くなります。 複列総ころ円筒ころ軸受は取り外し可能で、取り付け、取り外しが簡単です。 これらは低速に適しており、限られた程度の角度誤差のみが許容されます。

寸法と公差

AUB は、DIN 620-2 (ころ軸受の公差) および ISO 492 (ラジアル軸受 - 寸法および幾何学的公差) に準拠した標準公差 (PN) を備えた複列総ころ円筒ころ軸受を提供しています。 他のすべての偏差または特別な公差は、注文時に指定する必要があります。

ベアリングの設計

複列総ころ円筒ころ軸受は、NNC、NNCL、NNCF、ACB タイプの取り外し可能なノンロック軸受です。

  • NNCベアリングの内輪には3つの一体のつばがあり、外輪には1つの一体のつばとルーパーショルダーがあります。 両方向からの軸力を吸収できるため、固定軸受として使用できます。 構造設計によるルーズショルダーリングのサポートは、XNUMX方向からの軸力の要求を吸収することを目的としています。
  • NNCL ベアリングは、内輪に XNUMX つのソリッドリブと、XNUMX つのロックリングを備えたリブのない外輪を備えています。 フランジがないため、ハウジング軸方向の軸すきまが確保され、フローティングベアリングとして機能します。
  • NNCFベアリングの内輪には3つの一体のつばがあり、外輪には1つのつばがあり、一方向の軸力を吸収するのに役立ちます。

円筒ころのころ形状と張力分布の比較

AUB の円筒ころ軸受は、デフォルトで転動体と軌道の間の接触面積が最適化されるように設計されています。 円筒形ローラーの対数プロファイルにより、非常に高い負荷がかかっている場合でも、損傷を与えるエッジ張力が回避されます。 円筒ころ軸受には、円筒形またはテーパ穴があります。

ベアリングクリアランス

AUB は、DIN 620-4 (転がり軸受の公差) および ISO 5753-1 (転がり軸受 - 内部すきま) に準拠した標準すきま (CN) の複列円筒ころ軸受を提供していますが、すべてのすきまクラスまたはすきまが制限されたものも入手可能です。特別な許可。 同じ標準すきまを持つ標準化された軸受タイプの軸受コンポーネントは相互に互換性があります。 CN よりも小さいすきまクラスまたは制限されたすきまクラスの場合、アセンブリには互換性がある必要があるため、ベアリング アセンブリの互換性はもはや不可能です。

AUB 円筒ころ軸受は、さまざまな設計、寸法シリーズ、サイズでご利用いただけます。 ほとんどは保持器付きの単列ベアリングです。 単列および複列総ころ軸受 (保持器なし) は、ゼネラル エンジニアリングの標準範囲を網羅します。 保持器付き軸受は大きなラジアル荷重に耐え、高速回転が可能です。 総ころ円筒ころ軸受は、中程度の速度での非常に重いラジアル荷重に適しています。

AUB円筒ころ軸受のころは重要な部品です。 それらの形状、いわゆる対数分布は、ベアリングの接触ゾーンに最適な応力分布を提供します。 表面仕上げにより潤滑膜が最大限に形成され、ローラーの回転運動が最適化されます。 その結果、従来の設計と比較して、動作の信頼性が向上し、位置ずれに対する感度が向上するなどの利点が得られます。

AUB 円筒ころ軸受には次の設計上の特徴があります。

1. リブとローラーの設計を最適化し、アキシアル荷重容量を向上させます。

2.ころと軌道面の幾何学的な面設計を最適化し、ラジアル荷重の分布バランスをとりました。

3. 軌道幅のアンダーカットを抑え、軌道ところとの接触面積を増大させ、ラジアル荷重の耐荷重を向上させます。

4. 高水準の材料、Ti<30ppm などの元素含有量を厳密に管理します。

5. 低騒音設計。V1 騒音レベルに達し、車のエンジンとギアボックスをより静かに動作させるのに役立ちます。